【情動と記憶】健康雑学

画像1

こんにちは(*^^*)整体×ヨガのプライベート隠れ家サロン【Refresh Labo R.I.T.】整体師の伊藤です(^^♪

今回は前回の健康雑学記事のつづきになりますが、

【情動と記憶】について、マニアックなことを勉強したのでアウトプットしていきます(^^♪

(前回の記事はこちら↓↓↓)

「情動」のつくられる場所

前回の記事で、

「情動は大脳皮質よりももっと深部でつくられる」という話はしましたが、

では具体的にどこでつくられるのか?を今回掘り下げていきます。

「情動」がつくられるのは「大脳辺縁系」という部位になります。

大脳辺縁系は、大脳皮質よりも深部にあたり、進化的には古い(原始的)なものであり、

「感覚器や感覚情報」また「記憶」と深いつながりのある部位です。

この「大脳辺縁系」で「情動」もつくられているそうです。

このことからもフラグが立ってくるように、

実は、
「情動」=「感覚」「記憶」とも深いつながりがあります。

画像2

感覚器からの情報 どうやって伝わる?

「情動」と「感覚・記憶」の関係を簡単に説明していくと、

まずは「感覚器」から情報の刺激が入ります。

生きていく上では、この”情報”には膨大な量に触れるわけですが

脳は、その膨大な情報の中から「本当に必要な情報」だけを「記憶」として残していきます。

余談ですが、現代社会で人間が「1日で触れる情報量」は
「江戸時代の1年分」の情報量
だそうです。

我々は毎日、すごい情報量にさらされているんですね。
(逆に江戸時代の”のどかさ”が気になりますね!)

では、「本当に必要な情報」とは何なのか?

それは「情動を発動させる情報」です。

動物が、
生存していくために行動したり、意思決定するには「情動」が不可欠
だと、前回の記事でも書きました。

「情動」が発動しない(何も感じない)情報

行動や意思決定に何も影響しない(生きていくうえで重要ではない)

記憶する必要がない。

というわけですね。

逆に、「情動を発動させる情報」は積極的に記憶していきます。

”嬉しい”情報があれば、その成功体験を再現するために自動的に記憶されていきますし、

”悲しい”情報があれば、同じ失敗を回避するために自動的に記憶していくわけです。

このように、

「感覚器からの情報」

「情動が発動」(大脳辺縁系)

「記憶する」(大脳辺縁系)

という流れになりますが、感覚の中でも、「嗅覚」は特殊で、

「大脳辺縁系」とダイレクトにつながっているため、

「情動の発動」「記憶」(思い出す)に関して”嗅覚”は特に強い反応を持ちます。

これを「プルースト効果」といいます。

「香り」ってすごく大事なんですね・・・!

画像3

記憶の種類

情動を生み出す部位である「大脳辺縁系」を理解していく上で、

その機能の一つである「記憶」について整理をしておきます。

記憶といっても、実はたくさんの”種類”があります。

まずは大きく2つに分けられます。

■陳述記憶
■非陳述記憶

これは要するに、

「その記憶を”言葉”に置き換えられるか、否か」という分類です。

こういう言い方をすると、
陳述記憶=「”言葉ありき”で残された記憶」のように思うかもですが、

「”言葉を使わない動物”でも陳述記憶はある」そうです。

逆にいえば「人間は、”陳述記憶”を言葉にしている生き物」というわけです。

ややこしい言いまわしになりましたが、陳述記憶と非陳述記憶では

根本的にジャンルが違う記憶、ということですね。

それぞれ具体的にどんな記憶があるかというと、

【陳述記憶】■エピソード記憶
エピソードを記憶する。

■意味記憶
単語やアイコンを記憶する

■作業記憶
思考や計算の記憶

【非陳述記憶】■手続き的記憶
技能や運動の記憶

■情動記憶
感覚刺激を情動として記憶
①手がかりによる情動記憶
  本来怖くも嬉しくもない感覚刺激を「恐怖」や「報酬」とともに与えると(条件付け)覚える記憶
②文脈による情動記憶
  過去の体験や、その場の雰囲気、そのとき感じたことの記憶。「嫌な予感」というのはこの情動記憶にあたる

このように、「記憶」といっても沢山の種類があります。

画像4

沢山の種類の「記憶」があるのですが、

これは進化の過程で複雑に分類ができるようになった、と捉えられており、

もともと”原始的な動物”のころは、

感覚刺激 ⇒ 機械的・反射的な行動

しかしていなかったはず。

進化して、”高等な動物”になっていくにつれ、

感覚刺激 ⇒ 大脳辺縁系が「重みづけ」(=情動を付加)

することによって、

生存に有利な情報をより強く記憶として残し

過去の情動をデータベース化することで、

生き残るための行動選択の精度を上げてきた、と言われています。

行動選択の精度を上げるために、
「情動」は必須だったというワケですね!

画像5

感覚情報・記憶 脳での処理

記憶や、そのもととなる感覚情報が

どのように脳で処理されていくのか?をみると、

さらに面白いことがわかってきます。

感覚情報は基本的には、まず「視床」という部位に運ばれていきます。
(「嗅覚」だけはここを通らず大脳辺縁系に直行します。)

「視床」とは、簡単にいうと
”感覚情報の中央ターミナル”的な部分になります。

ここで、すべての感覚情報を集めて、脳へと送るのですが

この時、同時に2か所に情報を送ります

■大脳皮質
■大脳辺縁系

「大脳辺縁系」は先ほどからこの記事に書いてきてます「情動」的な側面を”偏桃体”という部位で処理していきます。

もう一方の「大脳皮質」では、”一次感覚野”という部位によって
感覚情報の精密な物理的性質を解析していきます。

難しい言い回しですが、ようするに「認知」です。

このように、

1つの感覚情報から「感じる」と「認知」を別経路で並列に処理していきます。

例えば、脳の一部が損傷してしまうと、

「認知」できないけど「感じる」
「認知」できているのに「感じない」

といったことが起きてきます。

実際に、サルを使った動物実験では、

サルの脳の一次視覚野を切除し、”モノを見て認知”ができない状態にし
その状態でヘビの人形を近づけると、
「見えていない」(認知ができない)にも関わらず、怖がる(情動の発動)が見られた

ということです。

非常に面白いつくりをしていますね!

進化の順序で考えると、やはり「感じる」(情動)が先にあり

「認知」の分析(大脳皮質)が後から出来た機能ということになります。

画像6

まとめ

今回もややこしい内容で情報量が多く、

自分自身理解しきれているか怪しいところですが、

何か参考にしていただけると嬉しいです(^^♪

情報量の多い、現代の世の中では

つい「分析」や「認知」に重きをおいてるように思います。

しかし、実際にはそれ以上に「情動」によって

過去の膨大なデータベースから、よりよい行動選択をできるのかもしれません。

”予感”や”なんとなく”感じることも、大事にしていくと

よりよい選択ができるのかもしれませんね(^^♪

最後までごらんいただきありががとうございました!

画像7

コメント

タイトルとURLをコピーしました