【イルカのポーズ】簡単ヨガチャレンジ

画像1

【イルカのポーズ】簡単ヨガチャレンジ

【簡単ヨガチャレンジ】動物シリーズ

今回は「イルカのポーズ」別称では「ドルフィンポーズ」

こちらはバリエーションや、いろんなパターンがあるようですので

今回は2種類紹介していきます。

イルカについて

ポーズの前に、「イルカ」について紹介していきます!
※ヨガにはほぼ無関係ですので、興味のない方は飛ばしてお読みください。

イルカとクジラの違いは?

イルカ(海豚、鯆)は、
哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目に属する種の内、
比較的小型の種の総称

(なお、この区別は分類上においては明確なものではない)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イルカとクジラって、普通に別物と思っていましたが、

生物学上の分類でいうと、イルカは「クジラの小さいやつ」みたいなことみたいです。

しかし、その境界線はハッキリしておらず、ほぼ感覚的に分けてるそうです。。

かなり曖昧な基準としては、一応4M以上だと、大体クジラ。4M以下であれば、大体イルカ。に分類されているそう。。

イルカは頭の上の穴から空気を取り込み、肺呼吸をします。

息継ぎをしながら、一生泳ぎ続けるため、「寝ないのでは?」という説もあったそうですが、

実は「半球睡眠」という特技を持ち合わせており、右脳と左脳を交互に眠らせてるのだとか。。

右脳が寝てるときは、左目をつむり、左脳が寝てるときは右目をつむって泳いでるそうです・・!器用!

また、イルカといえば「賢い」というイメージもありますね。

イルカの脳は、体重に占める脳の割合が人間の次に大きいそうです。

高度なコミュニケーション能力も確認されており、群れで助け合ったり、集団で他の魚やイルカをいじめたりもするそうです。。

いじめはちょっと意外ですが、確かに知能が高そうです・・・!

というわけで、

イルカについてちょっと勉強したところで
「イルカのポーズ」レッツトライ!

「イルカのポーズ」その①

このバリエーションは、3点倒立から足を下ろしていくポーズになります。

三点倒立が苦手な方は、まずはそちらから練習が必要になります。。

ちょっと難しいかもしれませんが、レッツトライ!

■バランス感覚・集中力アップ
■体幹の筋力アップ

などに期待できます!

やり方紹介

その①

画像2

両手を組んで、頭を抱え込み床につけます。

前腕部と頭でしっかりと支えをつくります。

その②

画像3

三点倒立にうつります。

※転倒に注意してください。
周りに物のない、広い場所で行うようにしましょう。

その③

画像4

バランスをとりながら股関節を曲げていき、

足を水平までおろしていきます。

膝とつま先まで伸ばすように意識していきましょう。

少し難しめですが、体幹部分にもしっかりとアプローチのいくポーズだとおもいます(^^♪

「イルカのポーズ」その②

もう一つのポーズは、

■ハムストリングス
■ふくらはぎ
■アキレス腱

に強めにストレッチのかかるポーズとなっています。

「ダウンドッグ」の進化バージョンみたいなポーズですね!

足のむくみや、だるさの気になる方におススメのポーズです(^^♪

やり方紹介

その①

画像5

まず、四つん這いになります。

その②

画像6

両手を組み、前腕部、肘から下を床につけます。

足のつま先を立てましょう。

その③

画像7

尾骨を天井にむかって突き上げるようにし、両膝をのばしていきます。

写真ではカカトが浮いてしまってますが、できるだけカカトもつけるようにしていきましょう!

ゆっくり深呼吸しながらキープしていきます。目安は20秒~1分程度。

まとめ

「イルカのポーズ」いかがでしたか?

少し難しめだったかもしれません。。

継続していくことで、どんどん身体は柔らかく、しなやかに動けるようになると思います!

是非チャレンジしてみてください(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました