【簡単ヨガチャレンジ】トラのポーズ

画像1

【簡単ヨガチャレンジ】トラのポーズ

簡単ヨガチャレンジ
トラのポーズ

今回はトラのポーズをご紹介です!

■大殿筋
■ハムストリングス
■腸腰筋

などにアプローチがかかり、バランス感覚も養うことができるポーズです!

是非チャレンジしてみてください(^^)/

トラについて

トラについてもちょっと紹介です!
※ヨガには全く関係ないので、興味のない方は飛ばしてください。。

トラと言えばめちゃくちゃ強い動物なイメージですね。。
ネコ科の中で最大の大きさの動物でもあります。

画像2

様々な場所に生息していたそうですが、

現在ではかなり数が減っており、絶滅した種もあり保護が進んでいます。

時にはヒトが襲われることもあり、

2018年にもインドで2年間に13人を殺害したトラがいたそうです。。

過去にはネパールで
「チャンパーワットの人食いトラ」というトラがいたそうで、
被害者数は436人に及ぶそうです。。怖いですね。。

物語などにでてくるトラも、ネガティブなイメージ、危険・残酷といったマイナスイメージのものが多くあります。

一方で、中国などの歴史の中では「強者」「王者」のシンボル的な存在としてもよく使われており

世界の好きな動物ランキングで1位を獲得したこともあるほど
メジャーで人気な動物ともいえます!

トラの亜種として「ホワイトタイガー」は有名ですが、
他の色の種も目撃情報はあるそうです!
色違いってなんかいいですよね!見てみたいですね!

画像3

それでは、
トラに思いを馳せたところで「トラのポーズ」やり方紹介です!

やり方紹介

その①

画像4

四つん這いになります。

手は肩幅につき、足も腰幅程度に軽く開いておきます。

その②

画像5

片足を持ち上げていき、カカトを後ろに長ーく伸ばすイメージでキープします。

このとき
■大殿筋
■ハムストリングス

がしっかりと収縮しているのを感じながら、

足をまっすぐと上げ、ねじらないように気をつけましょう。
太ももの裏側~お尻の筋肉を使うように意識します!

足をねじって上げていると、太ももの外側に意識が向いてしまいます。

また、腰を反らさないように気をつけてください。

頭からカカトまで一直線にして長ーく保つ意識をしましょう。

その③

画像6

伸ばしている足と反対側の手を挙げて、こちらも長ーく伸ばすイメージでキープします。

手の先~カカトまでが一直線になるように意識します。

この状態でキープすれば、体幹の強化とバランス感覚も養うことができます。

その④

画像7

今度は、伸ばしていたヒザを胸の方へ引き寄せて抱え込みます。

曲げた足と反対側の手でヒザをキャッチし、しっかりと胸に引き寄せます。

この時、膝をまっすぐ上げて胸にもってくることで、

■腸腰筋
にもアプローチがかかります!

お腹の奥を使うイメージを持ってやりましょう!

その⑤

画像8

最後にもう一度③のポーズに戻ってから、反対側に移ります。

③④の各ポーズで10秒~30秒ほどキープしながらやっていくのもいいですし、

呼吸に合わせて

③吸う ④吐く 

のリズムで回数やっていくのもおススメです!

まとめ

いかがでしたか?簡単そうに見えますが、やってみると意外に難しかった人もいると思います(^-^)

自分のペースで楽しんでチャレンジしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!(^-^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました