朝活vol.16 不幸はネタになる?

朝活16日目。おはようございます!

昨日、今日と朝天気が良くて気持ちがいいですね!

昨日は夏至と日食が372年ぶりに重なるという、スゴイ日だったらしいですね!

ぼくは日食見れませんでしたが、、

不幸はネタになる?

昨日は同僚と話をしてて、

「非日常な体験の必要」「意味メッセージのあるブランディング」「不幸はネタになる」

みたいな話をしてました。

いまの時代、物は飽和状態でどれも機能性は大差なく、人々は「他人の物語消費」(テレビ、映画、、etc)

よりも「自分の物語消費」(体験、経験)を求めている傾向があるといいます。

ぼくらみたいな整体でいうと、少なからず「非日常な自分の物語消費」の部類に入るのかな?と思いますが、

価値をあげていくには、もっと深く、レイヤーを上げていかなければいけない。

より「非日常」な感じを演出するのか?(高級感、特別感、リッチ、いたれりつくせり・・)

もしくは「日常×自分の物語消費」に持っていくのか?(もっとフランクに、来やすい、毎日やるくらいの・・・)

たとえば、最近言われている「サブスクリプション」などで考えたとき、「日常」のほうが相性はよさそうな気はします。

「自分の物語」の表現には、やっぱり変化を体感してもらう技術や知識が必要ですが、(もしくは、そういうメニューを考えること。エクササイズ系とか?)

「自分の体験」ではあるものの、「達成感」とかじゃないので記憶には残りにくいのかも・・

「施術を受けた体験」は出来れば「モノ」として何か残せたらもっと記憶に残せるんじゃないか?とか

意味、メッセージを与えるというのはどう感じか?

やっぱりモノが何でも安価でそろってしまう中で、世の中のほとんどの商品は別に「必要ない」ものになっていく。

ここに購入の意味を与えることが重要で、それは「好き」という感情であったり(たとえばAKBのCD、ファンクラブ、ストーリーを知ってる友人の商品など)

「買うことで、貧困の方に寄付がいく」「環境にやさしい○〇」みたいな買うことで「貧困の方のためになった」「環境にやさしい買い物をした」というような「意味・称号」を得られるようなもの

ここの設計や発信がとても重要になってきてて、

これは、ひと昔前まではテレビや雑誌など費用の掛かる広告媒体でしか宣伝が出来なかったのが、

SNSなどの登場により、小出しの広告・発信が安価に可能になり、

購入者側も、ネットを使えば、気になる商品について自分から情報を得ることができる。という背景から

「理解・共感」がないと物は売れなくなってきてるといいます。。

この「共感」を考えたときに、

もしかすると、「ポジティブ」よりも「ネガティブ」「コンプレックス」のほうが共感を生みやすいのでは??

と思いました。。

「ポジティブ」は「理解」はできても、「共感」する人、となると減ってしまう気がします。また、「ポジティブ」自体も人によって形がちがうように思います。。

けど、「ネガティブ」は共感しやすいし、理解もしやすい。。何より、ネガティブな感情・情報のほうが、人を惹きつけやすい。。

となると、この「ネガティブ」とか「コンプレックス」のようなものを発掘・体現したうえで、

「だからこれをやる」という「ストーリー性」を乗せて共感を生み、

そのうえで「自分の物語消費」なサービスを展開。

これが必要なのかな??

「ネガティブ」「コンプレックス」を発見するには、自分の振り返りも勿論大事ですが、

それよりも「避けようのない不運」や「どえらい失敗」が必要になる。。

「避けようのない不運」は、例えば、最近、先輩の知り合いのパン屋さん(=ぼくは知らない人笑)

がお店をオープンさせたのですが、不運にも近隣店舗の火災によって、新店舗が燃えてしまいました。。

念願の店舗。。満を持してのオープン前だったそうです。。かわいそう。。

そこで店主さんがどうしたか?というと、今話題の「クラウドファンディング」。

これをつかって1000万円の資金を調達し、何とか再起を果たせそう!とのこと。。

オープン前に近隣店舗の火災の被害。。不運すぎる。。

不運なのですが、逆に、(言い方悪いですが)「オイシイ」ともとれるわけです。

こんな不運な体験はそうそうできません。。誰もが「かわいそう」と思う出来事ですよね。。

それによってこのパン屋さんの認知度はグンと上がったと思います!さらに、クラウドファンディングに支援してくださった方は、「燃えたあの店、どうなってるかな?」が当然気になるわけですから、

支援者の数だけ「見込み客」を獲得したことにもなります。

あとは「燃えた」というネガティブな体験を通して、何を成していくか?

また、「燃えた体験」をどうストーリーとして加工して、「共感」を呼ぶか?

という感じですよね。

こういう、「避けようのない不運」が最強かな?と思います。

あとは「避けられるけど、リスクを取りにいって失敗」これも結構共感を生みやすそうだし、

リスクをとるべきか悩んでる人にとってみれば、すごく参考になるアクションなので、需要がありそうです。

大前提として「行動・チャレンジ」が肝になってきそうです・・!

今日もがんばろ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました