【ダイエットの真実】肥満・脂肪・隠れ肥満とは??

画像1

【ダイエットの真実】

「ダイエット」最近では新型コロナウイルスの影響もあり

「コロナ太り」という言葉も使われるようになっています。

取り組まれている方も多いのではないでしょうか??

「ダイエット」というと、「痩せる」「体重を落とす」といったイメージを思い浮かべると思いますが、

じつは、「ダイエット」という言葉にはもっと広義の意味があるようです!

僕自身、そういった意味では「ダイエット」に取り組んでいます!
(筆者は結構やせ型。。)

画像2

「ダイエット」とは何なのか?

画像3

「ダイエット」の語源を辿ると、古代ギリシャ語のdiaita(ディエーター)という言葉からきている、と言われています。

diaitaの意味は「生き方」「生活習慣」という言葉らしいですが、この言葉が
ラテン語 → 中世ラテン語 → フランス語 → 英語

という文化圏を辿って伝わってきた、と言われているそうです。

___したがって、ダイエットの語源は「養生」を意味し、
痩身などではない。___

「痩身」「痩せる」といった意味ではなく、

「運動と食事のバランスで得られる健康」

という意味になります。

つまり、
「ダイエットしよう」は「健康になろう」ということですね!

現代では「ダイエット」=「痩せる」という認識に寄りがちですが、
本来「ダイエット」は「健康を目指す行い」全般だといえそうです。

まぁ「言葉の綾」ですので、
共通の認識を持つことができる「ダイエット=痩せる」が間違っているわけではなくて、

何でも語源とか、本来の意味を知ることっておもしろいですよね。

「健康を目指す行い」が「痩せること」という意味に変化してきた背景には、

現代人の悩みが「肥満」に向くことが多い、とも捉えることができます。

今回は「肥満」についても少しだけ触れていこうと思います!

「肥満」「痩せてる」・・指標は何?

画像4

一般的に、体型など身体を評価する指標としては

身体組成を「体脂肪量」と「除脂肪体重」の2つに区分することで指標とする場合が多いです。

体脂肪量
■皮下脂肪
■筋肉脂肪
■内臓脂肪
■肝脂肪

除脂肪体重
■骨
■非骨ミネラル
■タンパク質
■水分(細胞内液、細胞外液)

これらの割合によって、

肥満・骨粗鬆症やサルコペニアなど健康問題に関すること

運動パフォーマンスに対する体格や身体能力の関わりについて
分析がなされます。

やはり、健康上の問題や運動のパフォーマンスと身体組成は深い関係があります。

また、この身体組成は、「骨の長さ」など”遺伝”の影響を受けるものもありますが、

生活習慣やトレーニングによって構成が変わる要素も多々あります。

画像5

「肥満」はどういう状態?「脂肪」の役割とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました