【金持ち父さんの6つの教え】とは?ひとつずつ解説!

画像1

【金持ち父さん貧乏父さん】要約と感想

#金持ち父さん貧乏父さん
#ロバートキヨサキ

内容

高い教育を受け、いい大学に入り、政府の重役となった「貧乏父さん」と

ハイスクールも卒業せずに、事業家となった「金持ち父さん」

その違いは何か??

著者が実際に2人から学びとったことや

お金の知識「ファイナンシャル・インテリジェンス」

についてなど、非常にわかりやすく教えてくれます。

感想

読書会でおススメをされたことをきっかけに読みました!
存在は知っていたけど初めて読んで、「もっと早く読みたかった」と感じました。学生時代とかに読みたかったですね~!

そういう意味では今学生の方は、「絶対読んだほうがいい!」と思います(^^♪

非常に読みやすい文章で、モチベーションも湧き上がるような内容の一冊でした。

特に、学ぶのことの大切さを感じさせてくれる本です(^^♪

↓こちらから購入も可能です(^^♪

【金持ち父さんの6つの教え】とは?ひとつずつ解説!

著者には、「父親」とよべる人が2人いました。

一人は実の父親で、高い教育を受け、知的な人。
4年制大学を2年で卒業し博士号を取得
そのあともスタンフォード、シカゴ、ノースウェスタン3つの大学を
はしごし、政府で働く優秀な人物。

もう一方の「父親」は正確には、友人の父親。
ハイスクールすら卒業していないが、自分の会社を持ち、事業家として生きていた。

二人の父はどちらも生涯を通じてよく働いた。
二人とも仕事はうまくいっていて収入もけっこう多かった。
それなのに、一方の父は死ぬまでお金に苦労した。
そして、もう一方の父はハワイで最も裕福な人間の一人になった。

________二人ともたくましく、人を惹きつける魅力を持ち、まわりの人に影響力を持つ存在だった。
二人とも私にあれこれとアドバイスをしてくれたが、
その内容は異なっていた。
教育が大切だと信じている点では二人とも共通していたが、
「勉強しろ」と進める対象が異なっていた
のだ。

金持ちがさらに金持ちになり、貧乏人がさらに貧乏になり、
いわゆる「中流」の人たちがいつも借金に追われている理由の一つは、
お金に関する教育が学校ではなく家庭で行われるからだ。

_____学校ではお金について教えない。_____」

のちに「貧乏父さん」となり、
この世を去る時に遺したのは未払いの請求書のみ。
となってしまった実の父親が
「学校で一生懸命勉強しなさい。そうすればいい会社に入れるから。」
というのに対して、

のちに「金持ち父さん」となる、
ハイスクール中退の父親(友達の父親)は”お金”のことを勉強しなさい、
モノが欲しい時は
「どうやったらそれを買うためのお金を作り出せるだろうか?」
を考えること。自分の頭を働かせることをずっと言っていた。

ほしいものは何でも手に入れろ
という意味でこんなことをいっていたわけではない。
世界でもっとも優秀なコンピュータ、
つまり自分の頭を使えと言いたかったのだ。

「私の頭は毎日使っているからどんどんよくなっている。頭がよくなればなるほど、お金も儲かる」

_____何も考えずに「それを買うお金はない」と言うことは、
頭をなまけさせることに等しかったのだ。

このようにして二人の父親からたくさんの教訓を学びながら、

こと”お金”に関しての姿勢を、のちに「金持ち父さん」となる友人の父親の姿勢を見習い、教えを受けていったことにより

著者は大きな成功を収めていきます。

第一の教え 金持ちはお金のためには働かない

画像11

中流以下の人間はお金のために働く
金持ちは自分のためにお金を働かせる

これが、著者が「金持ち父さん」から学んだ”第一の教え”

中流以下の人は、お金のために働く。
これはどういうことかというと、

多くの人は”恐怖””欲望”に支配され、
短絡的な思考で視野が狭くなっている。

たいていの人はお金で動く。
それは人間だれしも恐怖と欲望という感情を持ち合わせているからだ。
まず、お金を持たずにいることが怖いから必死で働く
そして給料を受け取ると欲張り心が頭をもたげ、もっとお金があればあれも変える、これも変えると考え始める。

_____ずっと恐怖と欲望という二つの感情に走らされ続ける。そういう人はたとえお金を多くもらえるようになっても、支出が増えるだけでパターンそのものは決して変わらない。

著者はこのような状態を「ラットレース」と呼んでいます。

画像12

たしかに、これは誰しも当てはまることかもしれないですね。。

ここから抜け出すにはどうしたらいいのか??

金持ち父さんは第一のステップを教えてくれます。

第一のステップは
「自分の本当の気持ちを見つめる」
ことです。

「自分の本当の気持ちを見つめる」こと

画像10

みんな本当の気持ちを見つめず、お金がなくなったらどうしようと心配ばかりしている。
そして、その恐怖に真正面から立ち向かおうとしないんだ。
つまり、考えもせずに反応だけしている。
頭を使うかわりに感情にまかせて反応だけしているんだ。_____

頭を使わずに感情にまかせて反応だけしていると、
”いつか恐怖がなくなる”ことを願いながら
ずっと同じことの繰り返しで抜け出せない”罠”
にはまってしまう。。

大衆にながされ、当たり前を受け入れてしまい思考停止していると、
気づいたときには抜け出せなくなる、、、

怖いですね。。。僕自身、この本にもっと早く出会っておけば、、と感じました。(笑)

_____感情に対してただ反応する人間ではなく、
それを観察して考える人間になること_____

↑このことを覚えておくことが大切だと金持ち父さんは言います。

自分を俯瞰して観察し、とにかく考えること!

(余談ですが、
人間は脳を使うのに物凄いエネルギーを使います。
それは身体を動かすときの消費エネルギーよりもはるかに大きいです。
”思考停止”で決められた”仕事””与えられた役割”に走ってしまうのには
こういった原因も絡んでるのかもしれないですね。。)

また、こういった恐怖や欲望を増長させてしまうのが”無知”

人間が自分を知るための情報や知識を求めなくなると、
すぐに無知がしのび寄ってくる。
_____情報や知識を手に入れるために
心を開くか開かないかを決めることで、無知か啓蒙か、道が分かれるのだ。

知識を得て、それをもったうえで
恐怖や欲望と向き合い、自分で考えること。
学び考えることの大切さを説いてくれます。

また、学ぶ姿勢をもち”心を開くこと”で啓蒙に近づく。

では、何を考えるべきなのか?

「もっと一生懸命働くことがこの問題を解決するのに一番いい方法なのだろうか?」
_____仕事は長期的な問題に対する短期的な解決法にすぎない____

ここでも、やはり常識や、もはや当たり前のようになってしまってる概念根本から疑い、考え模索することを説いています。

著者はそのように金持ち父さんからレクチャーをうけながら、
金持ち父さんの所有するコンビニで給料0円で雇われ、”インターン”的なことをしていきます。

その中で、自分の頭をつかってビジネスを考え、
友人とともに
廃棄されるマンガ雑誌を使った「漫画図書館」をオープン!

画像9

雇い主に頼ることなく自分のお金を管理する立場
著者たちがその場にいなくてもその事業自体がお金を生み出してくれる状態をつくることに成功します!

こうして著者は学生時代に
「お金に働いてもらう」ことを学んだそうです。

第二の教え お金の流れの読み方を学ぶ

人生で大事なのはどれだけのお金を稼げるかではなく、
どれだけのお金を持ち続けることができるかだ。

よく、宝くじで大金持ちになった人が
あっという間にお金に困るようになる話や、
プロスポーツ選手ですごく稼いでいたけど、
引退後はお金に困ってしまう。。

そんな話を聞くこともありますが、

お金は”稼ぐ”ことよりも”持ち続ける”ことのほうが大切だし、
そのためにはお金について勉強していくことしかない!と著者はいいます。

金持ちになりたければ、お金について勉強しなければならない

金持ち父さんからの教訓として、
「ファイナンシャル・リテラシー(お金に関する読み書きの能力)」
をマスターすることがとても大切、とのこと。

多くの人は速く金持ちになりたいとあせるあまり、
厚さ六インチのコンクリートの基礎の上にエンパイア・ステート・ビルを
建てようとしている。

間違いなく崩れます!

画像2

何事も”基礎・基本”あっての応用!
急がば回れと言いますが、お金に関しても

お金持ちになりたければ、”お金について学ぶ”このプロセスは

非常に大切なことだということですね・・・!!

具体的なアドバイスとして「会計学」
これを学んでおくことは、金持ちになるうえで非常に役に立つ知識だそう。。

僕もさっそく本で勉強してみようと思います!!

資産と負債との違いを知ること

金持ちは資産を手に入れる。
中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思い込む

ここの説明は、おそらく本当はもう少し複雑なのかもしれませんが、
非常にシンプルに説明がなされてて分かりやすいです!

資産は私のポケットにお金を入れてくれる
負債は私のポケットからお金をとっていく

これだけ聞くと、「当たり前じゃん」と思いがちですが、

ここで言ってることはとてもシンプルです!

たとえば、”持ち家”これは資産でしょうか?負債でしょうか?

ダウンロード

「夢のマイホーム」・・・これは”負債”となります。

毎月ローンの支払いによって
「ポケットからお金をとって」いきます。
また、固定資産税がとられたり、
家の”価値”自体も上がるとは限らず下がる可能性もある。

仮に、”資産”をあまり持っていない人の場合だと、
「マイホーム」を購入することによって生じる支払いによって、

”資産”投資するチャンスを逃してしまうことが一番の「損失」

と著者はおっしゃっています。

では「資産」とはなんなのか??

資産とは”キャッシュフロー”を生むもの。
シンプルに収入を生み出す可能性のあるもの。ということです。

「持ち家は負債」と書いてありますが、これが集合住宅を買って賃貸にだした場合だと、

購入費用や税金など差し引いて、家賃収入がそれを上回れば
これは”資産”と呼べるでしょう。

金持ちがますます金持ちになる理由

それは、資産が大きいからそこから生まれる収入が支出を上まわり
あまったお金をふたたび資産に回すことができることだ。
そうすれば、資産はさらに増え続け、収入も増え続ける

なるほど。この”資産”を持つかどうかで全然変わってくる。。

お金持ちは、キャッシュフローを生む”資産”を増やし続けることでお金持ちであり続けている。。

お金持ちになるためには??

資産と負債が理解出来たら、
誰しも”資産”が欲しいと感じると思います。

著者も”お金持ちになるための道を歩み始める最善の方法”

として

___収入を生む資産を買うことだけに努力を集中する。____

そのうえで、

負債と支出は低く抑えるように努力する。
そうすれば資産の欄につぎ込むお金を増やすことができる。

と図表での分かりやすい解説をしてくれています。

富を築くための第一歩は、以下の3つ!

金持ちは資産を買う
貧乏人の家計は支出ばかり
中流の人間は資産と思って負債を買う

これを心に刻んでおくことが大切!

第三の教え 自分のビジネスを持つ

画像7

多くの人がお金に苦労している理由とは?

中流以下の多くの人は、お金に苦労している。。収入が高くても
前述してきたように

感情に操られ、思考停止でいるために貧乏に陥ったり、
資産だと思って負債を買ってしまうことで

富を生む”資産”を増やすチャンスを失ってしまう。。

こうなってしまうには、根本的なとこに原因があるそうです。

それは”一生他人のために働いていること”

まず会社のオーナーのために働き、
次に税を納めることで政府のために働き、
あとの残りは抵当権を持っている銀行のために働いている。

だからこそ、”自分のビジネスを持つこと”を考えるべきだと著者はおっしゃいます。

これまでやってきた昼間の仕事はそのまま続けながら、本当の資産、
_____利益を生む本当の資産を買い始めることだ。

では、本当の資産とは具体的にはなんのことか?

本当の資産とは?具体的には何か

1.自分が場にいなくても収入を生み出すビジネス。
2.株
3.債権
4.収入を生む不動産
5.手形、借用証書
6.音楽、書籍などの著作権、特許権
7.その他、価値のあるもの、収入を生み出すもの、市場価値のある物品など

これらが著者の考える具体的な資産です。

1の「自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネス」

に関して言うと、自分がその場にいて働かなければいけないのならば、
それはビジネスとは言えず、「仕事」ということになるそうです。

一見して、「あぁ難しいなぁ」と思考停止しそうにもなりますが、

それがまさに「ファイナンシャル・インテリジェンス」の低さなのかもしれません。。

著者はこの先の章で具体的な教えも記してくれています!

第四の教え 会社を作って節税する

税金は本来は貧乏人のためのもの?

所得税は導入された当初は金持ちだけを対象としていた。。

そもそも税金が多くの人に受け入れられるようになったのは、
政府が中流以下の人たちに
「税金とは金持ちを罰するために課す制度である」
という考えを吹きこんだためだった。

問題は、ひとたびお金の味を味わった政府の貪欲がとどまることを知らずいくらもたたないうちに中流階級からも
税を取り立てなければならなくなり

そのあと、なし崩し的に次々と課税対象が広がっていったことだ。

実際には中流以下の人たちが税金の多くを収めている

そして、最初に標的とされていた金持ちは、
実はうまく逃げ道をみつけている!

なぜ中流以下の人たちは逃げられず、金持ちは逃げることができるのか?

画像13

それはお金持ちは、”お金に関する知識”

ファイナンシャル・インテリジェンスを身につけているから!

ファイナンシャル・インテリジェンスとは?

1.会計力
2.投資力
3.市場の理解力
4.法律力

お金の知識、”ファイナンシャル・インテリジェンス”は上記の4つの専門分野から成り立っているそう。

お金持ちになるうえで、これら4つの知識を持つことが大切!

まずはこの”資産”を得るべく勉強することが必要になってくるわけですね!

そのうえで、会社を持つこと!これが重要だと著者は教えてくれます。

それはなぜか?

会社を持つメリット

1、有利な税金対策

会社を利用する方法が歓迎されたのは、
会社の所得税率が個人の所得税率より低いからだ。
さらに、
会社の場合、支出の一部は経費として、税を払う前の収入から差し引くことができた。

会社に雇われている人は、
稼いだ収入から税金を引かれ、残ったお金で生活をやりくりする。
一方「会社」は収入を得たら、
そこから経費を差し引き、残ったお金に税金が課される。

この制度により、会社を所有していると税金を払う分が少なく済みます!

2.訴訟から自分を守る

会社を利用することで、財産の大部分をうまく隠すことができ、合法的な保護を何重にも受けられるため、自分を守ることができる。

会社を持つことってメリットが沢山あるんですね!

個人で会社を持つことに関しては、

リッチダッド・アドバイザーズの一人、ガレット・サットンの本

が著者のおススメだそうですよ!!ぼくも早速読んでみようと思います!!

第五の教え 金持ちはお金を作り出す

画像14

お金持ちになるために必要な素質とは?

私も含めてそのすべての日知に共通していることが一つある。
それは、私たちは誰もが大きな可能性を持っていて、たくさんの才能を内に秘めていることだ。
それなのに、それを十分に発揮できないでいる。

学校外の実社会では、いい成績以外の何かが必要だ。
それを「ガッツ」と呼ぶ人もいれば、
「ずぶとさ」「やる気」「大胆さ」「はったり」「ずるがしこさ」
「世渡りの技術」「粘り強さ」「頭の切れ」
などと呼ぶ人もいる。

たしかに、実社会では成績以外のいわば”メンタル面”的なことだったり
コミュニケーション能力的な部分が大きく作用しますよね。。

著者はだれもが
勇気・才気・大胆さなどといった特質のうちどれか一つはもっている。
と言います。

画像6

しかし、それが十分に発揮できていない人も多い。。

邪魔してるものはなんなのか??

それは
過度の”恐怖心””自信のなさ”にある。

現実にはほとんどの場合、
頭がいい人よりも「度胸のある」人の方が成功への道を先へ進んでいく。

お金持ちになるため、”お金についての才能”を開花させるにあたっても、

専門知識と同時に「度胸」が必要だ。

とおっしゃっています。一歩踏み出す度胸・そして行動力が最終的には必須ということですね!

実際に著者が行ってきた、すごく具体的な例も紹介してくれています。

1990年代のはじめにアリゾナ州フェニックスにおいて、

当時、経済状況が悪く、少し前まで十万ドルした家が七万五千ドルで売られているのを見て、

私は地元の不動産屋に出向く代わりに、
破産・倒産処理を専門にやっている弁護士事務所や、
裁判所
の玄関前に足を運んだ。
そういった場所では、七万五千ドルの家を二万ドル、
ときにはそれより安い価格で買うことができた。

この、不動産屋じゃなく弁護士事務所や裁判所、というのも
ファイナンシャル・インテリジェンスありきですね!
もつべきは知識・情報だと感じます。

たとえば二万ドルで家を買ったとしよう。
私は九十日で二百ドルの利子を払う約束で友人から二千ドル借りる。
そしてそのお金を小切手にして、頭金として弁護士に渡す。

_____弁護士の下で売買契約が処理されているあいだに、
私は七万五千ドルの価値のある家を六万ドルで売り出す広告を新聞に出す。

_____家はあっという間に売れる。
私は買主に手続きの費用として二千五百ドルを請求する。
みんな大喜びでそれを払ってくれる。
_____その結果、資産欄に、買主から受け取った四万ドルの手形が増えた。このお金を生み出すための私の実働時間は全部で五時間だ。

この例は、「同意」によるお金の作り方を示した例と言える。
ハイスクールをでていればだれにだってこれくらいのことはできる。

たしかに、話を聞く限りでは難しいスキルは一切必要がなさそう。。

友人からお金を借りてのスタートなので、本人は元手0円で
”お金を作り出している”!!

私たちの目には見えなくてもチャンスはかならずそこにある。

こういった”チャンス”はそこら中にあり、気づくか、気づかないか
ということですね。。

ここに”気づく”にはやはりファイナンシャル・インテリジェンス

これを高めることに努め、知を得たうえで自分の頭で考えること。

ファイナンシャル・インテリジェンスの重要性が具体的に理解できました!

第六の教え お金のためではなく学ぶために働く

画像5

世の中にはたくさんの”才能ある人”がいますが、それらみんなが成功し、お金持ちにはなれていない。そこには重大な原因があると著者は指摘しています。

「彼らがおお金持ちになるにはあと一つ技術が必要だ」
_____ほとんどの人がもう一つ技術を習得しさえすれば、
収入を大幅に増やすことができるということだ。

”専門”をきわめる才能ある人であっても、成功できない人は多い。。

ここでは”広く浅く学ぶ”ことの大切さ、
「専門」だけを学ぶような盲目的な視点の危うさを指摘されています。

では、そのような専門的な人たちが学ぶべき”もう一つの技術”とは??

・・・さっきから何度もでてきてます、
ファイナンシャル・インテリジェンス!やはりこれのことです!

1.会計力
2.投資力
3.市場の理解力
4.法律力

ファイナンシャル・インテリジェンスとは、上記の4つの専門性を組み合わせることですが、
これらは”学び続ける”必要があるといいます。

そして、著者は「仕事を通して学ぶ」ことをおススメしています。

「いくら稼げるか」ではなく「何を学べるか」で仕事を探しなさい

マクドナルドのハンバーガーよりおいしいハンバーガーをつくれますか?

画像4

いかがでしょうか?
「つくれる!」という方も多くいるのではないかと思います。

では、なぜマクドナルドは稼ぎがいいのか??

答えは明らかだ__マクドナルド社はすぐれたビジネス戦略を持っている。才能にあふれたたくさんの人が貧乏のままでいる理由は、
彼らがおいしいハンバーガーを作ることに専念するばかりで、
ビジネス戦略についてはまったく無知のままだからだ。

マクドナルドのハンバーガー作りの腕は最高とは言えないかもしれないが、ごくふつうのハンバーガーを売ったり配達したりする腕前は最高だ。

特に、マーケティングやセールスなどの”売る能力”
書く、話す、交渉するといったコミュニケーション能力

これらはとても重要である。と教えてくれます。

モノやサービスが溢れ、「専門」が飽和状態になりつつある現代において

”売る能力”、意味や価値を”伝える”能力がとても求められているということだと思います。

それらを「学ぶ」ために仕事をする。
また、本当のお金持ちになるには、
この”学ぶ姿勢”に加えて、「与える」ことが非常に大切とも教えてくれます。

学習者、売り手、あるいはマーケティング担当者として
有能になることに加えて、よい教師、よい生徒になることも必要だ。
本当の金持ちになるためには、「もらう」だけではなく、「与える」こともできなければならない。

著者の二人の父親は二人とも「気前が良く」与えれば与えるほど多くのものを得ていた。といいます。

ことお金に関しては、
金持ち父さんは「与える」ことをしてさらに多くのお金を得ていたが、
貧乏父さんはお金に関してだけ、「もらってから、余ったら与える」という考えだった。

「与えよ、さらば与えられん」

画像3

「与える」を実践していくためにも、
この記事を読んでくださってる読者の方々と共に学び、
共にお金持ちになれたら!
と思います!!

まとめ

【金持ち父さんの六つの教え】を紹介してきました。

いかがでしたか?つたない文章でしたが、最後までお読みいただきありがとうございます(^^♪

僕個人の感想としては、ガツン!と考え方を変えられたような気分になりました!

実際の著書では、このあとさらに具体的な「実践の書」という章があり
そこもかなり勉強になります!

さらに具体的に学びたい!もう少し詳しく内容を知りたい!という方は是非実際に読んでみるのもおススメです(^^♪

↓こちらから購入可能です(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました