こむらがえり、足がつる原因とは?対策は?

足がつる原因とは??

足がつる・・・こむらがえり、とも言いますね。

あれ、痛いですよね・・・

施術を受けに来られるお客様の中にも

「寝てるときに足がつっちゃって、痛くて目が覚める」

「運動中に足がつってしまい動けなく・・・」

というお悩みで来られる方おられます。

そもそも、足がつるのってなんでなの??

このように、足がつる原因は

①冷え

②疲労・運動不足

③脱水・電解質異常

とされています。

ただ、明確なメカニズムまではまだ解明されきっていなく、

今後はさらに本質的な原因が明かされていくことに

期待ですね!!

その①「冷え」

原因その①「冷え」ですが、

足がつる、つらないにかかわらず

「冷えてる」方多いですね。。

「冷え」とはどういう状態かというと、

「血行が悪い」状態のことです。

ここでいう「血行」とは「静脈」のこと。

血液の種類

血液には、皆様ご存じの、

心臓がドクドクッと

脈打つことによって運ばれる「動脈」

筋肉の動き(ポンプ作用)によって運ばれる「静脈」

があります。

心臓は、生きてる人ならみんな常に動いてると思いますので、

「動脈」の流れが悪い、というのは、超やばい状態です。。

よくいう「冷えてる」「むくんでる」というのは

筋肉のポンプ作用の働きが弱く、静脈の流れが滞り、その結果

動脈の豊富な栄養分や酸素がいきわたりにくい状態のことです!

その②疲労・運動不足

身体が「疲れてる」「だるい」

疲労の状態だと、

「ミネラルのバランス」が崩れてしまうため

つりやすくなります。。

そもそも疲労とは??☟

インスタにちょこっと載せてますので(画像をスワイプしてみてください(^O^))

よかったらご覧ください(^O^)またブログでも詳しく書いていきたいです!!

「ミネラルのバランス」については、次章でもふれていきます!(^^)!

運動不足

運動を普段していないと、どうなるか??

前述したように、

静脈の動きは、筋肉のポンプ作用によるところが

大きいので、

静脈の流れが悪くなる→冷え 

ということにつながります。

また、運動して筋肉を動かすには、

沢山のエネルギーを必要とします。

それを届けるのは毛細血管

普段から運動しておくと、毛細血管も増えていきますので冷えやむくみの解消

にもつながっていきやすいですが、

日常運動しないのに、急に動かすと

普段よりも急激に酸素や栄養素・ミネラルを大量に必要としてしまします。

その結果、ミネラル不足や、

筋の伸縮を感知するセンサーがおかしくなってしまい、

つってしまう。。ということですね!!

普段から運動、気を付けていきましょう!!

その③脱水・電解質異常

まず、「電解質」とは??

これはさっきからでてきてます「ミネラル」のことです!

これらは日常生活でも必要とされますが、

その量は少量です。

少量ですが、例えば「急に運動したとき」

「汗をかいたとき」にこれらが失われてると・・・

筋肉がうまく動けず、痙攣してしまう。。

ということですね。

「脱水」に関しては、足がつる、とか以前に

いろいろなとこに支障をきたしてしまいますが、

これらのバランスが崩れると、筋肉の動きにも影響が出てくる、ということです!

どうすれば??

足をつらないようにするには、

①適度な運動

②バランスの取れた食生活

これが大事と思います!

当たり前のことではありますが、

お悩みの方はまずこれらを見直してみると、改善に向かいやすいですよ!

・・・しかし、なかには

あまりに血行が悪い、、運動や食事、気を付けてるけどなかなか・・・

という方もおられるとおもいます。

それは「内臓の疲労」「自律神経」「姿勢による筋緊張」など

一人で解決が難しい場合も。。。

そんな時には「整体」などを利用してみるのも手ですよ(^^)/

あと、セルフケアもインスタにのせてますのでよかったら☟

コメント

タイトルとURLをコピーしました