【仕事論のウソ】仕事をゲーム化する5つの要素

【大きな嘘の木の下で】著:田中修治【読書感想】

この記事は「大きな嘘の木の下で」読書感想の2部目となります。
最初から読みたい方は、前回の記事はこちら↓

仕事論のウソ

「仕事」と「労働」と「遊び」の境界線

「仕事」と「労働」の違い、分かりますか??

「仕事」とは、誰かの願い(真のニーズ)を叶えるために、
自分ができる限りの価値を提供すること
で、
「労働」とは、身体を使って働くこと、特に、収入を得る目的で、
体や知能を使って働くこと
を指す。

これだけではピンとこないですよね。。

そもそも、「仕事」という言葉の定義は、人それぞれであって明確な境界線が存在しない。。

しかし、著者の考えでは

よく「仕事がつまらない」と言っている人を見かけるが、
その場合の「仕事」とは実は「労働」だ
「プライベートと仕事を分けたい」「オン・オフをきっちりしたい」と言う人もいる。
そういう人がやっている「仕事」も実は、ただの「労働」なのだ。

というように、”やらされ感”でやっているのか、
”自ら価値を提供”しているのかによって「仕事」と「労働」を区別しています。

近年、様々なテクノロジーや技術の進化によって、「労働」は本来必要がなくなっている。

ただの”作業”は機械やAIに代替されるようになっていく。。
これはいろんなとこで言われてますよね。。

では、代替されないものは何か?というと、

___そのうち、コンビニやメガネ屋の中でも、労働をするような人はいなくなっていくだろう。
一方で使命としてやっている人や意味を見いだしてやっている人
楽しみながらやっているような人
多くの人から必要とされその価値をさらに高めていく。

___これからは町の世話好きなおばちゃんの価値が上がる時代がやってくるかもしれない。
お客さんが「そのおばちゃんに会いたいから買い物に行く」ということが起こるようになるのだ。

”やらされ感”ではなく、”使命感””楽しみながら”やっている。
それが人に伝われば、それ自体が”付加価値”となり、
お客さんの消費の理由になっていく・・!

だからこそ「労働だ」と思うような仕事はさっさと辞めて、
自分の遊びとか、使命とか、何か意味のあることにもっと集中して、
一人でも多くの人から必要とされるような存在にならなくてはいけない。

商品の機能や価格での差別化は難しくなってきており、
それよりもその商品に携わる”人の魅力”に価値を見いだされるような時代になってきている・・・!

「嫌々やらされ感」では”人の魅力”は発揮されない。
それどころか、いずれ機械やAIに負けていく。。


それよりも、「好き」「使命感」
これを持ってできることを突き詰めていくことだけが、
”人の魅力”によって多くの人に必要とされ、価値を生みだすようになる!

また、そのように”楽しみながら”やっている人にとって、

「仕事」や「労働」と「遊び」に境界線はあるのか??

「答えはノーだ」と著者はいいます。

労働と遊びの境界線は実はどこにも存在していない。
要は自分がその行為をどう捉えるか?
自分の考え方次第で仕事は遊びにも労働にも変えられるのである。

例として、「ニンテンドースイッチ」
多くの人がこれを楽しい「ゲーム」だと捉えてますが、
著者は実家がゲーム屋さんをしていた影響で
ゲームを見るのもやるのも嫌いだそうです。。

しかし、息子さんに付き合って時々ゲームをする。。
これが著者にとっては、
めちゃくちゃしんどい「労働」
だといいます。。(笑)

そこに、やりがいや面白さを見いだすことができれば遊びになるし、
逆にそれを見いだせなければ、
せっかくの楽しいゲームだってつまらない労働に成り下がってしまう。

今後どんどん機械が人間の”労働”を行うことが可能になっていく中で、

誰でもできる”労働”機械では替えの利かない”仕事”とでは

生み出す価値にどんどん差が広がり、それは人々の生活の格差にもつながっていくかもしれない。。

仕事を楽しみ、機械に代替されない”付加価値”「人の魅力」を引き出していくには、

「ゲーミフィケーション」仕事のゲーム化がポイントだと、著者は言います。

仕事をゲーム化するた為の仕組みや制度、環境を作れば、
どんな仕事も工夫次第でゲームのように楽しめるはずだと思っている。

仕事をゲームに変える5つの要素

著者がOWNDAYSで実際に行っている「仕事のゲーム化」に関して具体的に、5つの要素をあげてくれています。

①「成長」

成長は自分が店長になるとか、___給料が上がるとか、
役職が変わり責任や仕事の範囲が大きくなるといったことで感じられる。
この時大事なのが、
成長した時にレベルが上がったことを実感できるようにすることだ。

ドラクエでレベルが上がった時に「タラララッタラー」と効果音が鳴るが、そういった「音」が大切なのだ。

___形あるものを渡すことがとても大切なのだ。
___こうして目に見えるような「成長の証」を手に入れられることで、
より成長が実感でき、さらに上のレベルを目指したくなってくる。

OWNDAYSでは、役職や取得した資格ごとに色に違うバッジを与えられ、
細かく成長が感じられるように工夫されているそうです!

また、1年に1人だけが授与される”社長賞”では、
ダイヤモンド入りのチャンピオンリングが贈られるそう・・!欲しい(笑)

②「育成」

「教育は専門の担当者に任せておけ」と割り切らず、みんなで共に学び、教え合うことを自分たちの大事な文化としてそれぞれの仕事の一つに加える。
___人はみんな、育てることが大好きなのだ。

そもそも人は育てることが大好きなのだ、という考えのもと

育てる楽しみをみんなで共有しあうという文化をつくっているといいます。

たしかに、「担当者」に任せきりになってしまうと、教育に関してどこか「他人事」のようになってしまいがちです。。

育てることも「育成ゲーム」のように楽しむ文化をつくっているんですね!

③「バトル」

ゲーム化する為の5つの要素の中で一番盛り上がるのは「バトル」だ。
みんな戦いや勝負事には我を忘れて熱くなることができる。

ここが一番ゲーム的な要素が強いと感じますね!

OWNDAYSでは、
全ての管理職は社員同士による選挙で決められるそうです!

その様子を映像で見たことがありますが、演出も凝っていてスゴイ!

社内のイベントとは思えないくらい作り込まれていて、とても楽しそうでした!これは熱く盛り上がること間違いなしだな!と感じました!(笑)

また、競合他社との売り上げを日々比べて強く意識をするように
社長自ら言及していき、競争心を煽るのも一つの手だそうです。

※競合他社を悪く言ったり、貶めたりは絶対にダメ。
健全なるスポーツマンシップ的な精神にのっとって、
良きライバルとして意識させるのが大切だそうです!

④「収集」

OWNDAYSでは、「STAPA」という独自のアプリによる
オリジナルの「仮想通貨」を社内で発行!

OWNDAYSに関する様々なイベントを通じて、
仮想通貨である「OWNDAYSマイル」を獲得することができ、
自分のウォレットに貯めることができるようにした。
「ポケモンGO」と航空会社のマイル獲得の仕組みをミックスしたようなものだ___

無遅刻・無欠勤や売り上げ予算達成、
世界中のOWNDAYSのお店を訪れチェックイン、
などによって”OWNDAYSマイル”が貯まるのだそう・・!

おもしろい仕組み!
これなら自然とスタッフの勤務態度やロイヤリティも向上しそうですね!

⑤「交換」

さらに、”OWNDAYSマイル”は景品とも交換が可能だそうです!

「収集」して、「交換」まで設計するのが肝なんですね!勉強になります!

貯まったマイルは様々なものと交換することができる。
___iPhoneやダイソンの掃除機などの家電製品や、ディズニーランドのチケットや屋台船にスカイダイビング、海外旅行など数百種類以上の魅力的な景品と交換できるのだ。

こんな嬉しい景品がもらえるのなら、”マイル”をためようと思いますよね!(笑)

”マイル”をためるには、結果的に「お客様を喜ばせる」だったり、
「社内にいい影響を与える」ような行動をとらなければいけない!

これが「仕組み」でゲーム化する、ということなんですね。。

「仕事は楽しむもんだ!」といくら声をかけても上手くいきませんが、
このように仕組み化すれば、自然とうまくいきそう。。すごい!

人生の大部分の時間を費やす仕事なんだから、楽しく遊んで何が悪い。
___「お客様を喜ばせた方が勝ち」というゲームをして、楽しんで、
お金も手に入れて、勉強もして、成長もできる。
これからの仕事はみんなが楽しくできるようにしなくてはダメなのだ。

「仕事は遊びじゃない」といったことを言う人も一定数いますが、

機械やAIも発達し”労働”が代替されていく流れで

世の中はどんどん「楽しんだ者勝ち」になっていく。。

でも楽しく遊ぶことの何がいけないのだろうか?
むしろ、楽しく遊んだほうが、効率よく仕事ができるはずだ。

___肝心なのは、どんなに面白くなさそうな業界にも、楽しんでいる人が一定数いるということだ。
そしてそういう人たちが一人勝ちしているというのが現実だ。

楽しいほうが、効率が上がる。。

確かに、”労働”と思ってやる作業は時間が長ーく感じてしまいますが、

”ゲーム”などの”遊び”であれば、何時間でも没頭したり、集中して作業したりできますよね!(笑)

「好きこそものの上手なれ」という言葉もありますが、

自分が楽しめるよう”ゲーム”として仕事を捉えなおしていくことが、
上達や成長、結果を出す近道なのかもしれないですね・・!

仕事のやり方はいくらでも教えられるが、
「やる気」だけは誰にも教えられない。
やる気はあくまで自分の中から芽生えてくるものなのだ。

周りからみれば、つまらない作業だとしても

それを”楽しむ”ためにいかに「ゲーム化」するか。。

また、経営者やリーダーは、いかにして「ゲーム化した作業」を仕組みでつくり

「知らないうちにやる気がでてる」ような状態に持っていくか。。

ここを考えることが大切だと学べました!

続きはまた次回書いていきます(^^♪

とっても面白い「大きな嘘の木の下で」是非おすすめですよ(^^)/

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました