朝活vol.24 「サイボーグ」と「自然」と「道具」

おはようございます!朝活24日目!

今日は雨ですね。。公園に行くのは諦めましたが

雨の日でも、朝外に出ると気持ちよくて、スッと目が覚めます!是非オススメですよ^_^

「サイボーグ」と「自然」と「道具」

「サイボーグ」ってなんだろう??

機械人間、メカと合体してる。。

そんなイメージですよね。

大きく定義すると

「人間」(あるいは動物)+「技術」

がサイボーグと言えそうです。

では、

「メガネをかけている人」「入れ歯をつけている人」

この人達はサイボーグか?

うーん、少しイメージ的には違う。。

なぜか?

眼鏡や入れ歯って、別につけたからといって、その人の人間性や周囲の環境が劇的に変化するわけではない。

「サイボーグ」をイメージする時、「人」と呼ぶには「不自然な状態」をイメージすると思います。

では、

メガネはメガネでも、「色眼鏡」であったらどうか?

そこから見える景色は、「自然」ではなくって、

人為的な「不自然」に感じられます。

けど、「サイボーグ」と呼ぶほどまで「不自然」ではない。

それは、僕らが「色眼鏡」の存在に慣れているから。。

「不自然」なものと感じながらも、その存在を認めている。

もしも、「サイボーグ」が当たり前の世界になっていけば、多分「サイボーグ」を認め、

いずれ「不自然」を感じなくなっていく。。

そもそもこの「自然」「不自然」と感じるのは何なのか?

やはり人間は「知らないもの」を恐れ、警戒して

一定の距離を置こうとする。それが「違和感」「不自然」という感覚として現れる。。

知って慣れてくると、段々、警戒のハードルは下がっていき、

やがて「メガネ」をかけてる人に違和感を感じないように、「自然」へと変わっていく。

人間は、動物の中で唯一「道具」を作る動物であり、

生み出した「道具」によって、更に「道具」をつくってきた。

また、自分で生み出した「道具」からの影響によって、自らの生活や価値観を変化させ

これまで繁栄をしてきている。。

個人の単位で考えてみても、

新しいモノを試してみる、触れてみる、知ることで

その技術の持つ可能性を感じ、そこから更なる道具や技術を生み出していけたり

価値観をアップデートして広い視野を獲得できる…!

新しい物好き=アイデアマンと成り得るのは

価値観や視野の問題もありそうですね!

「センスは情報量」という言葉もあります。

日々の学びや気づきを、自らのアップデートに活かしていきたいですね(^^)

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました