人脈なんてクソだ。 朝活39日目

人脈なんてクソだ。 朝活39日目

おはようございます!朝活38日目!

今日は休日です!

昨日の夜は、休み前ということで、ついついビールを飲みながら
「僕のヒーローアカデミア」の劇場版を見て夜更かししてました(笑)

普段はアニメや、テレビすらもほぼ見ないのですが、
ヒロアカは自粛期間中に一気にアニメを見て、すっかりはまってしまいました・・・!

爆豪少年が好きですね~!(笑)

人脈なんてクソだ。

今日は、少し前に読み終わった「人脈なんてクソだ。」三浦崇宏さん著

の感想を少し書いていこうと思います!

すごく挑戦的なタイトルですが、わかりやすいしモチベーションの上がる、言葉のサプリメントって感じの本です(^-^)

三浦さんの「言語化力」には惚れ惚れします・・・!
「くぅー!そう!それ!」という感じの気持ちになります!(笑)

今回は、1章「大航海時代」の到来だ! より響いた分を引用させてもらおうと思います!

第1章 「大航海時代」の到来だ!

「ジャイアントキリング」と「勇気」

人生に一番必要なアイテムは、勇気だ。

世は「ジャイアントキリング(番狂わせ)」時代。

キリンビールにアサヒビールが「スーパードライ」で立ち向かい、シェアを塗り替えたように、

製作費約300万円、無名の監督と役者で制作された「カメラを止めるな!」が数々の作品を押しのけて大ヒットとなったように、

色々なところで「ジャイアントキリング」が起きやすくなっている・・・!

これはなぜなのか?要因の一つとして考えられるのは、

「SNS全盛期」という時代背景・・!

今は、既存のメディアよりもSNSでつながっている生活者たちの集合拡散力のほうがはるかに大きい時代だ。

____勇気ある行動や発言が生活者の共感を生み、大きなうねりのきっかけになる。

チャレンジすること自体が、結果、大きなビジネスの成果につながっていく。

いかに「共感」を集めるか、が大切で、

ひと昔前のように「みんなテレビをみる、新聞を読む」時代ではなく

それぞれが、それぞれの媒体で、無限にあるニューストピックの中から好きなことを好きなだけ見るような時代。

より多くの「共感」を生み「刺さる」ことが大事であって、

高い広告費をかけてCMを流したら認知が得られ、ライバルと差をつけられた昔と違い、

今は「0円」のSNSなどを使っていかに「共感」を集め「拡散」してもらうかが鍵!

生活者は多くの情報にさらされる中で、どんどん賢くなっている。
圧倒的に強大な敵に立ち向かう姿勢や、絶望的な状況を
なんとかして覆そうとする意志を見分けることができるようになっている。

「挑戦する姿」をオープンにしていくことが「共感」を生み
「応援者」「ファン」をつくることにつながる・・・!

また、「生活者は___どんどん賢くなっている」とあるように、

ひと昔前では通用していた、喜んでもらえていたサービスや商品が、

現在では「当たり前」だったり、「よりよいモノ」を情報として生活者は知っているので、どんどん「期待値」は高まり

企業も商品・サービスの開発やマニュアルのアップデートを繰り返して「進化」していかないと、ヤバい。。

社内で「昔からある」伝統や風習、マニュアルや「社内の当たり前」はどんどん疑って、

「本質」だけ抜き取って別の形に進化するべく「挑戦」する必要がある!

簡単ではないですが、「ジャイアントキリング」しているとこは

「勇気」をもってそれを繰り返している・・・!

企業だけではなく、個人単位でも「勇気」を持つこと、挑戦することが大事で、逆にそうしないと、

現状維持のままでは生き残れない可能性も出てくる・・・

今日はここまで・・・!(つづく)

うぉー、ガンバロー!と思った朝でした!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました