「痛み」とは何か?定義は?種類・分類は?

「痛み」とは何か?定義は?種類・分類は?

画像1

「痛み」とは何なのか?

肩が痛い、腰が痛い、頭が痛い、あるいは心が痛い。。

「痛み」っていたるところにありますが、

感覚としては理解できても、実際なんなのか?

___痛みは決して「客観的」に測定できない___
___痛みの心理的要因と侵害受容的要因は区別ができず、あわせて、心理的な面を無視して痛みを考えることはできない___
___痛みという情報は脳内の様々な部位で処理・構築されている___

「痛みとは?」というのは、言語化しようと思っても、思ったよりも複雑です。。

「痛みの定義」とは??

画像2

1986年に、国際疼痛学会によって発表されたものによると、

「痛みの定義」とは

「痛みは、組織の実質的あるいは潜在的障害にもとづいて起こる
不快な感覚・情動体験
であり、それには組織損傷を伴うものと、
そのような損傷があるように表現されるもの
がある」

ということだそうです!

定義長い!難しいですね。。

もう少しかみ砕いて説明していきます!

「痛みの定義」①痛みの「多面性」

画像3

前述の「定義」から読み取れることは、

痛みには「多面性」がある

ということ。

どのような多面性かといいますと、
痛みは大きく3つに分類された側面を持ちます。

■感覚的側面

痛みの部位、強度、持続性などといった痛みの種類を識別する身体的な痛み感覚であり、「感覚ー識別」の側面とも呼ばれる

「痛み」を「識別」する「感覚」のこと。

どこが痛い、どのくらい痛い、どれだけ(期間)痛いというような、

「痛み」をどのように感じているか、を識別する、その感覚のことですね!

ちょっとややこしい。。

■情動的側面

___痛みの情動的側面とは、痛みによって引き起こされる
”不安”、”抑うつ”、”恐怖”などの不快感そのものということができる。
また、もはや痛みは情動そのものであるとする見方もあり
さまざまな行動意欲に影響することから「意欲ー情動」の側面とも呼ばれる

「痛み」によって引き起こされる「感情」
不安や恐怖、怒りや抑うつなど。。

それらも含めて「痛み」だということですね!

この「情動」は、その後の行動意欲に影響を及ぼす。。

■認知的側面

痛みの認知的側面とは、
過去に経験した痛みの記憶、注意、予測
などに関連して身体にとっての痛みの意義を評価し、
認識することであり、「認知ー評価」の側面とも呼ばれる。

予想に反して「痛い」と余計に痛く感じたり、あらかじめ分かっていたり、理解している「痛み」に関してはそれほど「痛い」と感じない。

そういった側面のことです。

たとえば、死角から急に殴られたらめっちゃ痛いでしょうし、
逆に、”注射”など、痛いことが分かっていたら心の準備ができて
大したことなかった。なんて経験、あるかと思います。

それです!

そして、慢性疼痛患者では痛み体験を過度に消極的に捉えるといった
破局的思考に陥っていることが多く、これが痛みへの不安や恐怖心を増し、結果、痛みの増強につながっていることがある。

慢性的に痛みを感じてしまっている人の場合、痛みに対して
「どうにもならない」「ひどくなる一方」といったネガティブな思考になってしまうことが多々あり、

その思考や感情によって、「情動的側面」を増強させてしまい、

感覚として「痛み」を感じやすくなってしまう、という傾向があるそう。。

「痛み」の3つの側面はお互いに影響しあい、つながっているというワケですね・・!

「痛みの定義」②「急性痛」と「慢性疼痛」がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました