【痛みの発生メカニズム】

【痛みの発生メカニズム】

画像1

【痛みの発生メカニズム】

前回の健康雑学記事で、「痛みって何?」といった投稿をしました。

今回は「痛み」の発生についてもう少し詳しくみていきます!

組織を損傷すると・・・?

画像2

「外傷」や「やけど」などによって、私たちが身体の組織を損傷すると、

まずは「刺すような鋭い痛み」が起こります。

「痛っ!!」ってなるやつですね・・!

これを「一次痛」と呼びます。

この痛みは、動物になくては困る、生命維持においてとても重要な痛みであり、

損傷の部位を知らせる「警告信号」としての意義を持ちます。

一次痛の数十秒後には、体内で生成される、様々な化学物質により

「鈍くうずくような痛み」が起こります。

「鈍くうずくような痛み」とは?

画像3

「鈍くうずくような痛み」をもう少し詳しくみていくと、

損傷を受けた組織(細胞)から

■カリウムイオン
■水素イオン
■アデノシン三リン酸

などが漏出。

血小板からは
■セロトニン

肥満細胞からは
■ヒスタミン

などが放出されます。

これらの化学物質が、神経の末端にある「侵害受容器」を刺激し

「痛み」が発生します。

カタカナの化学物質ばかりですが、少しだけそれらも説明していこうと思います!

セロトニンとは?

画像4

血小板から放出され、「痛み」に関与してくる「セロトニン」ですが

これは「幸せホルモン」としても知られています。

セロトニン(serotonin)
別名5-ヒドロキシトリプタミン(5-hydroxytryptamine、略称5-HT)は、
必須アミノ酸トリプトファンから生合成される脳内の神経伝達物質のひとつで、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。
___ヒトではドパミン・ノルアドレナリンを制御し精神を安定させる働きをするほか、生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「やる気」や「幸福感」につながる脳内の神経伝達物質として知られ

セロトニンをしっかりと分泌することは抑うつ、不眠解消などにもつながります。

体内のセロトニンは腸内に90%近くが存在しており、
腸内環境とも深く関わりがあるといえます。

ザックリ言えば
腸内環境を整えれば、幸せを感じやすい!というわけですね!

そんなセロトニンですが、基本的には「痛みの抑制に働く」と考えられていたそうです。

しかし、近年の研究では、「痛みの抑制」だけでなく、

場合によっては「痛みの亢進」作用ももたらすのだとか。

ヒスタミンとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました