【ホタルのポーズ】簡単ヨガチャレンジ

【ホタルのポーズ】簡単ヨガチャレンジ

画像1

【ホタルのポーズ】簡単ヨガチャレンジ

【簡単ヨガチャレンジ】動物シリーズ
ホタルのポーズ ティッティバーサナ

もはや「動物」ではないですが今回は「ホタル」のポーズです!

やや難易度の高いポーズとなりますが、、

体幹の引き締めとバランス力の向上に効果的!

是非やってみてください(^^♪

ホタルについて

画像5

「ホタルのポーズ」のどのへんがホタルなのかは分かりませんが

「ホタルを模したポーズ」とされているそうです!

ということで、「ホタル」についても紹介していきます!
(ヨガとは全く関係ありません。興味のない方は飛ばして読んでください)

ホタルといえば、日本でいうと「ゲンジボタル」が代表格とされています。

画像6

ホタルって、なんだか珍しい感じがしますよね。
農薬などで水が汚染されていない、環境がキレイな川でしか見られないそうです。水流なんかも関係あるとか。。

デリケートな虫なんですね。。

世界的に見ると、およそ2000種類に分類され、日本にはおよそ40種類が生息しているとされています。

ホタルといえば「光る」虫ですが、光る理由としては
「敵をおどかすため」「捕食者から身を守るため」などと言われており

ホタルのゲノム解読の結果によると、1億年以上前から発光能力を獲得しているそうです!

昔の人は「光る虫」にはビビったでしょうね~多分。

あの光は、「冷光」といわれ、
電気による光源と比べて非常に発光の効率が良く、
熱を発生させないのが特徴だそうです。

「ルシフェラーゼ」という特殊な酵素とATPが反応して光っているそう・・!

また、卵や幼虫の時期は、ほとんどの種が発光可能ですが、

成虫になると発光しない種なんかもいるそうです。

画像7

ということで、ホタルに思いも寄せたところで、「ホタルのポーズ」やり方紹介です!

ホタルのポーズ やり方紹介

その①

画像2

両足を肩幅程度に開き、その間に両腕を通して床に手をつきます。

二の腕に足を乗せるような形になりますが、

出来る限り”肩”に近い位置に足を乗せた方がやりやすいです!

その②

画像3

①の状態から足を浮かせて「手のみ」で支えます。

バランスを崩さないようにゆっくりと足を浮かせましょう。

このあたりの繊細さはホタルっぽいといえばそうかもですね・・!

その③

画像4

②の状態から、膝を伸ばしていきます。

ハムストリングスが硬い人は伸ばしにくいと思いますが、
(写真も少し曲がってます。。修行します。。)

腕のみで支えるバランスに気をつけながら、できるとこまで伸ばしてみましょう!

■バランス力アップ
■肩回り、腕回りの筋力アップ

につながるポーズです!

また、高い柔軟性と正しいアライメントを必要とする難易度の高いポーズですので、

完成を目標にして、徐々にチャレンジしてみましょう!(^^♪

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました