【目の話】構造をわかりやすく解説!

見出し画像

【目の話】構造をわかりやすく解説!

画像1

今回は「眼」のおはなしです!

眼の解剖を見てみると、想像してたよりずっと細かい機能が沢山で、

それらが解明されていることに驚きました!

想像よりも複雑でややこしかったですが、できるだけわかりやすくまとめていきたいと思います!!

※結構長いです。
長いですが「眼の構造」について我ながら、
かなり分かりやすくまとめたと思ってます!

「眼」について知りたいかたは是非最後まで読んでみてください(^^♪

目玉おやじb2

視覚器「眼」とは? 光の受容

画像2

「眼」とは何か?

眼は「光を受容する器官」です。

その構成は

■眼球
■付属器

というように分類されています。

(「付属器」って、なんか雑ですよね・・笑)

まずは「眼球」についてみていきます。

画像11

眼球とは? 脳と直結する器官

画像3

眼球は直径約25ミリの球状の器官で、重さは約7.5グラムとされています。

後半部分では、「視神経」→「脳」とつながっており、

眼は他の感覚器と比べても

余計な寄り道をせずに脳にリンクしている器官と言えます。

「視覚情報による思い込み」が強力なのもそのためだといわれています。

画像12

眼球の構成としては

■眼球壁
■内容物

で構成されており、

さらに眼球壁は三層構造でそれぞれに機能をもっています。

すでにややこしいですね・・!

それでは「眼球壁」について説明していきます。

眼球壁 最外層 「繊維膜」とは?

画像4

眼球の形を成す「眼球壁」の最外層は「繊維膜」と言う部分になります。

繊維膜は

■強膜
■角膜

に分類され、

前部6分の1が「角膜」 後部6分の5が「強膜」とされています。

強膜とは? 

画像15

「強膜」とは、、、滑らかで強靭な繊維性の結合組織でできている膜で、

血管が少ないため、「白く」見えます。

画像13

↑ 目玉おやじの白いとこは「強膜」ですね・・!

強膜の後部視神経を包む膜へと移行していきます。

角膜とは? レーシック手術のやつ

画像14

「角膜」「強膜」から続く部分になりますが、

強く湾曲しており、光の屈折を担う部分になります。

画像16

角膜には血管がないので、栄養分は「眼房水」という

「眼球の内容物」から栄養を供給されます。

三叉神経が分布しており、眼にゴミなどが入ったときにめちゃくちゃ痛むのはそのおかげです。

「角膜」といえば「レーシック手術」とかありますよね!

あれは角膜にレーザーを当てて湾曲の角度を矯正するそうです・・!

すごい技術ですよね~!

次は「繊維網」よりも1つ内側・中間層の解説です!

眼球壁 中間層 「眼球血管膜」とは?

画像5

「繊維網」の1つ内側・中間層は「眼球血管膜」と呼ばれる層になります。

この層は

■脈絡膜
■毛様体
■虹彩

と呼ばれる部位からできており

役割としては

・眼球に対して外部からの光線を遮る
・眼球に栄養を与える

ことを役割としています。

脈絡膜とは? 眼の暗室

画像17

「脈絡膜」とは、

「繊維網」の「強膜」の内側にある膜のことで、

メラニン色素細胞血管を多く含んでいるため暗褐色で、

光の乱反射を防ぐ役割をもっています。

毛様体とは? 眼の中の力持ち

コメント

タイトルとURLをコピーしました