【美脚】簡単エクササイズ【腸腰筋】

【美脚】簡単エクササイズ【腸腰筋】

画像1

【美脚】簡単エクササイズ【腸腰筋】

今回は【腸腰筋】のエクササイズをご紹介です。

【腸腰筋】を動かしてあげることで

■いい姿勢の維持がしやすく
■腸の動きが活性化
■股関節の可動域アップ
■鼠径部や下腹部の圧迫の解消
■全身の血行促進

につながります!

腸腰筋は上半身と下半身をつなぐ重要な役割をもった筋肉ですが、

日本人の腸腰筋は発達度合いが低く、黒人さんの3分の1ほどしか発達していない、とも言われています。。

このエクササイズによって腸腰筋を活性化することで、

日常生活の中でも腸腰筋が自然と使えるようになれば

■美姿勢
■代謝アップ
■疲れにくい

といった効果に期待できます!

是非チャレンジしてみてください(^^♪

腸腰筋エクササイズ やり方 その①

画像2

まずは壁際に踏み台を用意します。

片手で上体を支えながら
台の端に片足で立ち、もう片足は、ダランと宙に垂らします。

頭のてっぺんから糸で引っ張られているようなイメージを持ち
背すじを伸ばすように意識しましょう。

腸腰筋エクササイズ やり方 その②

画像3

垂らしている足を前後にブラブラと振ります。

完全に脱力で振り子のように振っていきましょう。

この時も、上体が丸まったり、ブレたりしないように

壁をつかって支えながら「3分間」足を振ります。

この時の意識は、「足が胸から生えている」ようなイメージで行うこと。

腸腰筋は、
横隔膜の下、胸椎の12番~腰椎の横突起部分から始まる筋肉ですので

「股関節」ではなく、「胸から下を振る」ような意識で行うと腸腰筋にアプローチが届きやすいです。

また、足を振る向きが斜めになったり、
力が入って四頭筋やハムストで振らないように注意しましょう。

脱力で振り子のような動きで行います。

まとめ

腸腰筋エクササイズ いかがでしたか?(^-^)

片足行って、歩いてみると軽くなる変化を感じられるかと思います。

3分間がキツイ、と感じる方は「脱力」が出来ていなくて力が入ってしまっている可能性があります。。

正しい形を意識しながら、3分が無理ならまずは1分から、と調整しながら行ってみてください。

参考にしていただけると嬉しく思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました