【三角のポーズ】簡単ヨガチャレンジ

画像4

今回紹介のポーズは「三角のポーズ」です。

簡単そうに見えますが、細かいこと言い出すと奥の深い、ヨガの基本ポーズです。

■ハムストリングス
■臀筋群
■腹斜筋

などにアプローチがかかりますので、下半身周り、腰回りのケアにもおすすめのポーズです。

三角のポーズの由来

このポーズの由来は、見た目の通り「三角形」を模しているからだと言われていますが、

何やら面白い説もみつけました・・!

悪魔マヒシャスラを倒すため、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの3神が女神マハマーヤを創造。悪の治世を終わらせ天に光と恵みを取り戻した物語に由来。

深すぎてよくわからない・・・!

ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの3神で三角形!ということなのでしょうか。

ヨガのポーズを知ることで、神話にも触れることができるのが

面白いですよね(^^)

というわけで三角のポーズのやり方をご紹介します。

三角のポーズ やり方①

画像2

まずは両手・両足を広げて立ちます。

片足は身体の正面に、もう片足は身体の外側に足先をむけるようにします。

三角のポーズ やり方②

画像3

しっかりと背筋を伸ばすように意識し、

背筋と上半身をまっすぐに保ったまま

足先を外側に向けた側に、上半身を倒していきます。

上半身は倒しながら、反対方向に腰を突き出していくようなイメージです。

三角のポーズ やり方③

画像1

上半身を真横に倒したら、大きく広げた手の片側を床につきます。

この時、足よりも後ろ側につくようにしましょう。

また、身体が固くてつらい人は、ふくらはぎや足首を後ろから触る様にします。

もう片側の手は天井に向かって伸ばし、目線も天井にむけます。

■ハムストリングス
■臀筋群(中臀筋)
■腹斜筋

の伸びを感じられると思います。

しっかりと「全集中」で深呼吸しながらリラックスしましょう(^^)

まとめ

いかがでしたか?(^^)

今回は簡単に説明していきましたが、

意識を変えれば、インナーマッスルである「腸腰筋」や、

「内転筋群」「股関節周りの筋肉」にアプローチのかかる

奥の深いポーズです。

上半身を丸めないように注意しながら行いましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

参考にしていただけると嬉しいです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました