【老化は治せる?!】健康雑学【LIFE SPAN】

画像1

老化の原因 〜老化は病?〜

どんな生き物でも年齢を重ねるごとに動きが鈍くなったり、

身体の機能が衰え病気にもかかりやすくなる…

いわゆる「老化」。。



これは避けようがない、当たり前のことのように考えられてきましたが、

実は「老化」は「病」であり、「治せる!」というのです!

今回の話は『LIFE SPAN』で勉強させてもらった内容になります!

なかなか興味深い内容ですので是非オススメです!

老化の原因とは?

『老化は治せる』のであれば、老化には原因がある

ということになります。

では、それは何なのか?

著者はこれを研究するにあたって、

細胞・遺伝子のレベルで原始まで遡り生命の起源から研究します。

___酸素はない。生命も存在しない。
この惑星の正体は、約40億年前の地球だ。__
___乾いた火山岩の上に載っているだけなら、分子は分子のままである。しかし、温かい水に溶けたあと、
水たまりの縁でぬれたり乾いたりを繰り返すうち、特殊な化学反応が起きた。
____これが世界初のRNA(リボ核酸)分子だ。

____ついにはRNAが自らの複製をつくり始めた。
生命が誕生した瞬間である。___

生命が生まれたのは奇跡的な状況の積み重ねによるものであり、

また、生まれた生命は驚異的な繁殖の意思を持っています。

それだけを目的としたものともいえます。

____大量の細胞の塊は最低限の栄養と水分を求めて争い、どうにか命をつなごうとする。
それでも死滅への道をたどりつつあった。
増えたいという根源的な欲求に応えるべく、個々の生命は奮闘する。

環境の変化が激しかった原初の地球では、

生命が生き残るにはあまりに過酷だったといいます。。

しかし、その中でも生き残ることができた特殊な遺伝子を持った生命が、

神話で言うアダムとイブさながらに現在生きている全ての生き物の祖先だとも言えるそうです。

この特殊な遺伝子をもつ生命を、著者は

「マグナ・スペルステス(偉大なる生き残り)」と呼びます。

マグナ・スペルステスは、見た目こそ当時の生物と大差ないものの、ほかより明らかに有利な特徴を1つもっていた。
生き残るための遺伝子メカニズムを発達させていたのである。

この遺伝子メカニズムは「サバイバル回路」と呼ばれ、

傷ついたDNAを修復し、修復し終えるまでは生殖をストップする

という役割を担っています。

DNAが傷ついた状態で生殖すれば、細胞の分裂は失敗し遺伝情報を失い、

細胞の機能に支障をきたすことになります。

多くの生命が宇宙線によるDNA損傷を抱えたまま生殖してまい、死滅したのに対して

「マグナ・スペルステス」だけが、

生殖をストップしてDNAの修復に専念したことで生き残ったそう・・・!

様々なストレスが寄ってたかってゲノムをいためつけているときには損傷の修復に専念し、もっと好ましい時期が訪れたときにだけ生殖を許す。
そうやて、もっとも必要とされる場所にのみエネルギーを振り向けるわけだ。

そして、この「マグナ・スペルステス」の持つ

「サバイバル回路」遺伝子の末裔は未だ現代の生き物の中に残っており、

「長寿遺伝子」と呼ばれているそうです。

この「長寿遺伝子」の働きこそが、

「老化の原因」であり、「老化を治す」鍵になっている…!

画像2

そもそも「老化」とは何か?

コメント

タイトルとURLをコピーしました