【口蓋骨のはなし】骨勉

画像1

【口蓋骨の話】骨勉

こんにちは(*^^*)整体×ヨガのプライベート隠れ家サロン【Refresh Labo R.I.T】整体師の伊藤です(^^)

今日は「口蓋骨」について勉強したことをアウトプットです。

「骨勉」では骨をひとつずつ記事にしてきましたが、
頭蓋骨はこの「口蓋骨」がラストになります!

あまり気にすることのない、少しマニアックな骨ですが

何か参考にしていただけると嬉しいです(^^♪

口蓋骨 どんな骨?

口蓋骨は顔面頭蓋のひとつで、頭蓋骨の中でも少し奥のほうに位置する骨です。

※下の画像では上顎骨を取り除いた画像になります。

鼻腔の背後、上顎骨と蝶形骨の間にある骨で、左右1つずつ対象に存在します。

これら左右の口蓋骨は、”正中口蓋縫合”で結合しつながっています。

画像2

口蓋骨 付着する筋肉

口蓋骨には一つだけ筋肉の付着があります。

■口蓋舌筋
後舌を挙上します。咽頭を収縮します。
 起始:軟口蓋の前面
 停止:舌の外側縁

画像5

↑正面からみた図

画像6

↑真横からみた図

これだけ見ると、エイリアンみたいですね。

口蓋骨 部位

画像4

口蓋骨は上の画像のように「L字型」の骨です
(画像は左の口蓋骨です)

骨の構成としては

・水平部分(水平板)
・垂直板
・3つの突起部分
(眼窩・蝶形骨・椎体)

からなります。

また、垂直板から延長する形で上顎へとつながる上顎突起もあります。

画像3

↑真横から見た図

口蓋骨は

・鼻腔の底
・鼻腔外側壁
・口蓋、眼窩底

に寄与する骨です。

まとめ

口蓋骨、いかがでしたか?

あまり普段関わることもない骨ですが、面白い形の骨ですよね(*^^*)

何か参考にしていただけると嬉しいです!

最後まで御覧いただきありがとうございました(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました