第二の心臓とは?

第二の心臓とは?

伊藤 陵亮 NOTEより

画像1

第二の心臓とは??

画像2

「第二の心臓」聞いたことありますか??

それは、「ふくらはぎ」

よく言われてますね!

「ふくらはぎを揉めば長生きできる」なども言われており、聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

今回はそのことについて、「なんで?」を簡単に解説してみようと思います!

「ふくらはぎ」が「第二の心臓」なワケ

画像3

第二の心臓、と呼ばれる理由は、

脚が血液循環において重要な役割を担っているからです!

例えば、立った状態での運動時であれば

血液循環のおよそ3割は脚の筋肉の動きによるものと言われています!

この、

筋肉の動きによって血液循環が促進されることを「筋ポンプ作用」と言います!

筋ポンプ作用とは?

画像4

筋ポンプ作用とは

筋肉の運動によって血管に生じる圧力と

静脈にある弁(静脈弁)の働きによって

血液(静脈)を心臓に戻していく作用のことです。

動脈・静脈とは

画像5

動脈とは?

肺で酸素を取り込んだ後に
心臓から送り出される血液のことで、
酸素や養分を多く含んでいる血液のことです。

動脈の血管壁は筋肉(平滑筋)が発達しており、
弾力性・伸縮性があって丈夫です!

これは、心臓から凄い勢いで送り出される
血液の圧力に耐えるため!
だそうです。

心臓のパワーは半端なく、
なかなかの勢いで血を送り出しているんですね!

何せ、毎分4~6リットルの血液を
約10万キロ(地球2・5周分くらい)
ある血管網に向けて送っているそうです。

そのあたりの話は別記事にまとめてますのでこちらから↓

静脈とは?

一方静脈は、
心臓にもどっていく血液のことを指します。

全身を巡ったのち、心臓に戻っていくので
二酸化炭素を多く含んでいます。

動脈壁と違って、静脈壁は薄く、
特徴としては
血液の逆流を防ぐ「弁」がついています。

「静脈弁 フリー画像」の画像検索結果

この弁によって、静脈は重力に逆らって
心臓まで一方通行の流れで
戻っていくことができます。

動脈と静脈の間

画像6

動脈と静脈は毛細血管によって連結されています。

毛細血管は、身体の末端の組織まで
網目状に分布
しており、

超細いです!

5~20㎛
(マイクロメートル=1ミリの1000分の1)

赤血球の大きさがおよそ7㎛なので、
ギリ通れるくらい!
というか、もはや通れないとこもある??

・・・そういう細いところの場合は、
赤血球は形を変形させてすり抜けるようです!

うまいことできてますよね!

毛細血管の血管壁には上皮細胞のみで筋細胞がなく、
ちょっと叩いただけでも
結構破けたり
してるそうです。。
(血小板などによってすぐに修復される)

それだけ脆く薄いつくりなのは、
血管と組織の間で体液の移動
を可能にするため!

毛細血管によって、
動脈から流れてきた
酸素や栄養を各組織へと届け

組織から
二酸化炭素や老廃物を受け取って
静脈に渡して
います!

静脈を運ぶのは?

画像7

毛細血管から
諸々受け取った静脈を動かすのは

大きく3つの作用によるとされ、

①心臓のポンプ作用

②筋ポンプ作用

③呼吸ポンプ作用

の3つです。

今回は「筋ポンプ作用」のお話ですが、

「呼吸」も大事になってくるそうです。

これらの作用がうまく働かず、
静脈の流れが滞ってしまうと、

エコノミークラス症候群
下肢静脈瘤

などの症状へとつながってしまう恐れもあります。。

エコノミークラス症候群

「エコノミークラス症候群 フリー画像」の画像検索結果

正式な名称としては
静脈血栓塞栓症というそうで

下肢の血流が悪くなることで血が固まってしまい
血栓ができてしまうと、

それが静脈を詰まらせてしまうことで起こってしまいます。。

血栓が詰まった部位の腫れ・痛みや、
肺の血管が詰まってしまった場合だと
胸の痛み息切れなどの症状がでます。

重症化してしまうと、命に関わる危険性もあるので
注意が必要です!

下肢静脈瘤

通常、心臓に向かって重力に逆らっていくはずの静脈ですが、
ポンプ作用が弱かったり、静脈弁がうまく機能できていないと

静脈が逆流してしまい、
たまった静脈によって血管が変形して曲がったり、
コブみたいになって盛り上がったりする症状です。

基本的には命に別状はないですが、
脚にダルさむくみ・冷え、痛み・かゆみ、こむら返り
などを引き起こしやすくなります。

どうすれば??

画像8

静脈の流れを良くして、

エコノミークラス症候群や下肢静脈瘤を防ぐには、

①ふくらはぎを動かす!・股関節の圧迫をとる!

第二の心臓であるふくらはぎをしっかりと動かして、
筋ポンプ作用を存分に使っていきましょう!

また、いくらふくらはぎを動かしても、
そけい部(股関節)が硬く圧迫されていると
そこで流れは滞ります。。

この改善には、お尻回りの筋肉太もも周りの筋肉も動かし、
股関節の可動域を上げる必要があります!

具体的なやり方はInstagramから↓↓↓

②呼吸を整えよう!

前述したように、静脈の流れをつくるのには
呼吸ポンプも関わってきます!

また、呼吸を整えることは

自律神経のバランスを整えることにも結び付き、
内臓や心臓の働きにも好反応となります!

↑こちらも是非ご覧になってみてください(^^♪

③毛細血管を元気にしよう!

毛細血管は、放っておくと年齢とともに劣化していき
全身の不調につながっていきます。。

適度な運動を心掛けることで
筋ポンプの作用を活性化させると同時に、
毛細血管の劣化を防ぐことができ
良いことづくしとなります!

★整体などに頼るのもアリ!

わかっちゃいるけどなかなか・・・

そんな方は「整体」などを頼ってみるのもお勧めです(^^♪

ちなみに、僕が店長させてもらってます店舗はこちら↓↓↓

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

是非一度おためしください(^^♪

最後までごらんいただきありがとうございました!

【お身体情報】第二の心臓とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました